マインドセット

動画の感想 松田豊さんのランチェスターの弱者の戦略

更新日:

松田豊さんがランチェスターの弱者の戦略についての動画を公開されているのでその感想とまとめをしてゆきます。

松田豊さんのランチェスター弱者の戦略の感想とまとめ

ランチェスターの法則とは元々軍事で用いられたものです。
ランチェスターの法則は第1法則と第2法則がありますので、それぞれ説明をします。

ランチェスター第1法則

ランチェスター第1法則はアメリカの南北戦争をイメージするとわかりやすいです。
北軍と南軍が平野でお互いの部隊が横に列を組んで単発のライフルを撃ち合う格好です。

この時、両軍の部隊がいずれもライフルの射程距離に入っています。
その状態でライフルを撃ち合ってそれぞれの部隊の兵員数、武器の性能比を考慮して計算を行います。

仮に両軍の武器の性能が同じだと考慮して北軍が10人、南軍が8人だった場合

10-8=2となり

南軍が全滅した時に北軍が2人生存する計算となります。

ランチェスター第2法則

ランチェスター第1法則というのはある意味のんびりした時代の戦争に適用される法則です。
では、ランチェスター第2法則ではどうなるでしょうか?

ランチェスター第2法則は第一次世界大戦以降の戦争をイメージするとわかりやすいです。
第一次世界大戦は機関銃、火砲、航空機が出現して部隊で多数に対して攻撃が出来ることを前提とします。
ランチェスター第2法則は双方の戦闘力を二乗して数値を引いたものとなります。

仮に武器性能が同じという前提でA軍10人とB軍8人が戦闘になった場合

=√100-64
=√36
=6

数の少ないB軍が全滅した時にA軍の生存者は6人となります。

ランチェスター第2法則を適用されると数の多い方が圧倒的な結果になるわけです。

ランチェスターの法則の経営への応用

ランチェスターの法則は経営学にも応用することを思いつきます。
田岡信夫氏がランチェスターの法則を営業活動に応用しました。

ランチェスターの法則を営業活動に応用するには
大手企業なら強者の戦略でランチェスター第2法則を当てはまるような戦略を取る。
総合主義、広域戦、遠隔戦、確率戦、誘導戦を用いる。

個人や零細企業なら弱者の戦略を適用する。
一点集中、局地戦、一騎打ち、接近戦、陽動戦を用いる

個人や小資本の弱者が生き残るには

個人や小資本といった弱者が生き残るには

まずは自分が弱者ということご自覚すること!

このような人物は中途半端な学歴を持っている人に多い。
自分が弱者にも関わらず弱者を自覚出来ない人は
無駄に強者と張り合って返り討ちに遭うのが関の山。

強者というのは数字に強く、記憶力が高い。
数字に弱い弱者は強者と同じ土俵に上がってはいけない。

では、弱者が生き残るためにはビジネスを
思考・エネルギー8割、数字2割で捉える。

面倒な計算は計算機に任せて
お金を引き寄せる体質に変えてゆく。

お金=エネルギーの思考を身につける。

大人になって数字の勉強をするよりも
自分の得意なジャンル(局地戦)で
一点集中をすることが大切です。

ランチェスター弱者の戦略の感想

子供の時や若い頃というのはケンカをするにしても

「正々堂々と戦いなさい」
というマインドブロックが働いていました。

ただ、ジャイアンにいじめられたときに
のび太は暴力の土俵で立ち向かうのが正しいのでしょうか?

正面からジャイアンにケンカに挑んでも
惨めにボコボコにギタギタにされるのがオチですね。

のび太がジャイアンに暴力という土俵で勝負せずに
射撃という土俵に誘導しなければなりません。

これと同様に個人事業主や小資本の事業者は
引き寄せの法則でエネルギーを纏うことが重要なのだと感じました。







-マインドセット

Copyright© 冥王の帝国 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.