マインドセット

松田豊さんを知り引き寄せの法則を知り実践中です

更新日:

私は現在引き寄せの法則を意識して生活をしています。
その出会いは私は現在アフィリエイトをしていてYoutubeで調べ物をしている際に松田豊さんの関連動画を見たという動機です。
引き寄せの法則について勉強したことについてアウトプットするために記事にしますね。

引き寄せの法則とは?

この記事を見ているということは引き寄せの法則については説明するまでもないと思いますが一応おさらいをしますね。
引き寄せの法則とは一言で表現すると
自分の出している波動が時間差で自分に返ってくる現象です。

これは宇宙の法則で全ての人に例外なく働いています。
これを信じようが信まいが誰にでも働いています。

例えば
事ある毎に「お金がない」と言っている人はお金なない状態を引き寄せられてしまうということです。

 

もっとわかりやすい例として
「私はコミュ障です」と言っている人は人付き合いが苦手でずっと人間関係に苦労することになります。

これは卵が先か鶏が先かというツッコミを受けそうですね。
しかし、実際にコミュ障だと口にしている人はそう言うことでさらにコミュ障を拗らせます。

私がこの法則を知る前に引き寄せたこと

私は20歳から30歳まで近所の電子部品の工場の工員として働いていました。
その当時は常々コンプレックスを持っていて、人よりも有能でありたいと思っていました。
学生時代から社会人にかけて、何となく人に軽く見られたり、ナメられることが多かったからです。
勤務態度は真面目に仕事に取り組んでいました。

 

そのため、ほとんど一番忙しい工程に配属されて自分の配属された部署だけ交代するまで残業して土曜日も必ず休出していました。
この会社では基本的に土日休みだったのですが、当時はITバブルの真っ只中で仕事が多かったです。
全体的に忙しかったのですが、自分の工程だけそのような状態が続いていました。
その反面、私は極度の怠け者でもあり、ハッキリ言って残業や休日出勤はしたくありませんでした。

そう、家族や友人には「毎日残業で土曜日も仕事で忙しい」と事ある毎に話していました。
また、冒頭のコンプレックスから仕事の出来る人間であろうとしたことで、忙しい部署から忙しい部署に常に配属される結果となったわけです。

この時は仕事運という意味ではまあ、成功していると言われましたが、1週間交代の昼夜勤で毎日3時間残業をして土曜日も休出していたのは本当に体力的にキツかったですね。

会社や上司の愚痴を吐いて労災を引き寄せる

またまた仕事についての話となります。
電子部品の工場はITバブルが弾けて仕事が急激になくなって実質リストラをされてしまいました。
その後食肉工場に勤めることになって、出荷の事務をすることとなります。

 

ここでも、有能でありたいという見栄から仕事を引き継いてから、いろいろ業務改善をしてゆきました。
すると仕事量を改善で楽になった分、上司を仕事を振ってきました。
上司の仕事の押し付けと改善のイタチごっこを続けるハメになりました。

 

本来なら、「これ以上は仕事を押し付けるのはやめてください」と言うことが一番です。
しかし、有能でありたい見栄のせいでそのセリフを言うことができずに大量の仕事を抱え込みました。

 

上司はこちらがトラブルまみれになっても知らぬフリをして助けてくれることはありませんでした。
だから、仕事が滞るとイライラをして「私は今不機嫌ですよ!」オーラを出していました。
舌打ちやワザと乱暴に引き出しを閉めるなど威圧的な態度で仕事をしていました。

 

上司も部下が半ギレで仕事をしていてどう声を掛けていいかわからなかったと思われます。
その境遇を同じ部署の同僚と一緒に会社や上司の愚痴を言い合っていました。
本当にこの時期はとても低い波動を出していたと思います。

 

ある日、私は現場に出てハンドリフトを操作中にフォークリストの衝突して労災を起こします。
その際に右足を挟まれてしまい2ヶ月ほどのケガをしてしまいました。
実はこの事故は薄々労災を起こすのではないかと思っていて、実際に起こり得ました。
当時は何となくそう思っただけでしたが、今改めて考えると完全に事故を引き寄せたと思います。

 

仕事や健康、人間関係についてはわりと悪いことを引き寄せていましたが、お金についてはわりといい結果を引き寄せていると思います。
というのも私自身は「お金がない」と思うことがほとんどなかったです。
というのも、私自身はあまり物欲はあまりないため、お金については欠乏することがなかったからです。

引き寄せの法則を意識した生活をした結果

今までは低い波動を出していたせいで、したくもない量の仕事や労災を引き寄せいてしまいました。
ある日松田豊さんのYoutubeと出会い、波動を高くなるように生活するようにしました。

 

具体的に挙げると以下の通りとなります。

  • ネガティブなことを言わない
  • テレビのニュースやワイドショーは見ない
  • 家でお酒を飲まない
  • 食べすぎない
  • 毎日散歩をする

このように低い波動を出さないことと高い波動を出すように心がけることとダブルで実践をしています。
引き寄せての法則を意識することは
人生が上手く行っているから幸せと思うのではなく
意識して今幸せだと思うことに気がつくことなのです。

つまりは、「あぁ、幸せだなぁ」と思うことによって、幸せな出来事が舞い込んでくるのです。







-マインドセット

Copyright© 冥王の帝国 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.