マインドセット

映画「トゥルーマン・ショー」巧妙に仕組まれた広告を考える

更新日:

私はあまり映画は見ないのですが、とあるきっかけで「トゥルーマン・ショー」を見ました。
この映画はジム・キャリー扮する普通の保険のセールスマンですが、実は演出された作り物の世界で全世界に放送される巨大ドラマの主人公だったとという話となります。
今回はこの映画を見たことで巧妙に仕組まれた広告について語ろうと思います。

映画「トゥルーマン・ショー」の巧妙な広告について考える

映画「トゥルーマン・ショー」は1998年に日本で公開されたアメリカ映画で主演はジムキャリーです。
アマゾンプライムで無料で見ることができるのでリンクから飛んでください。


トゥルーマン・ショー (吹替版) Amazon.co.jp

 

トゥルーマン・ショーのあらすじ

保険会社に勤める主人公トゥルーマンはシーヘブンという離島で暮らしていました。
彼は生まれてから一度も島を出たことがありません。
その理由は幼い頃に父親と一緒に海でボートに乗っていた時に嵐に直撃をして父親は海に投げ出され、トゥルーマンだけが助かりました。
これがトラウマとなって水恐怖症になってしまったため、ずっと島の中で過ごしていました。

 

しかし、この島でトゥルーマンに起こる日常はすべて仕組まれたものだったんです。
トゥルーマンが生活していた島はハリウッドの超巨大ドームの中に設置されていた島で、その中の空や太陽、月、街並みなんかは全てセットで、ドームの中に設置された5,000台のカメラによってトゥルーマンは生まれた時からの生活を24時間ずっと撮影されていました。

 

トゥルーマン・ショーとして世界に220カ国でリアリティ番組として放送されていたんです。
つまりトルーマンは世間の見世物にされていることに気付かないまま生活を送っていて、さらにはトゥルーマンの奥さんやお母さん、親友なんかもみんな番組プロデューサーの指示によって動く俳優だったんです。

 

映画の中盤くらいから、遭難した父親との再会を果たしたことや立て続けに起こる不自然な出来事から、トゥルーマンはこの世界が作られたものであることにだんだんと気づいていきます。
最後は水恐怖症を克服して海に船を漕ぎ出しドームの端の出口まで来て天から聞こえるプロデューサーとの会話になります。
引き留めようとするプロデューサーの説得を振り切り
「会えないときのために、こんにちは、こんばんは、おやすみ、それじゃ」
と、トゥルーマンはいつもの挨拶をしてはドームの外に出ることになります。

 

大学時代に知り合って恋に落ちたものの、強制的に降板させられたシルビアは喜びながら外へ出ていきます。
トゥルーマン・ショーとして見ていた視聴者たちも拍手を贈り感動しているんですが、視聴者はすぐに別の番組を探すためにチャンネルを切り替えるという締めくくりになっています。

 

トゥルーマン・ショーで見られる巧妙に仕掛けられた広告について

今回はトゥルーマン・ショーという超長編ドラマのシステムとそこに仕組まれた広告についての話となります。
トゥルーマン・ショーとはドラマや映画といった演者の嘘(芝居)ではなく、リアルな人間模様を24時間放送するという壮大なテレビ番組となっています。
トゥルーマンは生まれてからドームを脱出するまで、作られた世界の中でリアルドラマの主人公になってしまいます。

 

トゥルーマン・ショーでは一切CMがないわけですが、その収入源は番組の中で紹介される商品がコマーシャル代わりとなります。
俳優が着ている服や日用品すべてが広告といえるわけです。

 

映画の中では特に次のものがゴリ押しされています。

  • カイザーチキン
  • 万能調理器
  • ビール
  • モココア
  • カールトン fine colonial homes
  • エルクロータリーの芝刈り機

 

また、トゥルーマンが鏡に向かって独り言のシーンではあらゆる洗面用品が置いてありますし、トゥルーマンはフォードのセダンを乗っています。
これは映画の中での話ですが、現実世界でも商業地域や繁華街に行けば広告だらけであります。
あらゆる建物にはあらゆる看板や電光掲示板などがありますし、道行く車もトヨタやホンダといった車もある意味走る広告と言えるでしょう。

 

紛れもなく、この世界で目にするものの大多数は広告というわけです。
広告というのは何もテレビや新聞、ラジオ、雑誌といったマスメディアばかりではないというわけですね。
極めつけとして、小便をしようと小便器の前に立って下を見るとTOTOのロゴが見えてしまいます。

 

何が言いたいのかと言うと、この世界では広告が蔓延していて、主に視覚や聴覚によって広告が無意識に刷り込まれているという事実です。
この記事のアイキャッチ画像でもイスにコカ・コーラのロゴが入っていて、もう自然に視覚に訴えています。
実はこのように単純接触効果によって、何度も目にすることで無意識に飲み物はコカ・コーラを連想するようになるのです。

 

私も小さいながらも広告業界に携わるものの端くれとして、広告とは何たるかを熟知して効果的な広告を模索する必要があるわけです。
トゥルーマン・ショーは今から20年も前の映画ですが、既にステマのような手口が一般的になっていたと言えるのでしょう。


トゥルーマン・ショー (吹替版) Amazon.co.jp

投稿者プロフィール

冥王の帝国管理人
私は独りネットビジネスで自活する40代の男です。
当初は努力や根性でたくさんのサイトや記事を書けば成功すると信じていました。
ただ、この考え方を改めて、マインドセットを独りネットビジネスに書き換えを実施中です。

管理人のプロフィールを見る







-マインドセット

Copyright© 冥王の帝国 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.