サラリーマンの洗脳を解く

私が20歳の時に超絶ブラック企業を引き寄せた話

更新日:

このサイトの管理人でもある私は長らくサラリーマンをしていました。
今から25年ほど前に地元の短大を出て、新卒で就職したのが大きな中古車販売会社でした。
よりにもよって新卒カードを使って、超絶ブラック企業に就職をしてしまいました。
このブラック企業に携わって半年で辞めた体験談を語ろうと思います。

20歳の時に超絶ブラック企業を引き寄せた話

私は商業高校から地元の短大を出て、中古車販売会社に就職をしました。
当時は社員が30人くらいの比較的大きな中古車屋でしたね。
この会社に入ってしまったのも、私の全く主体性のない学生生活を送っていた結果、流されてきたからだと思います。
この要因については最後に語ろうと思います。

 

短大2年生になっていい加減な就職活動

私は地元の短大に進学したわけですが、当初は併設している四大に編入するつもりでした。
ところが、私の中の決断と甘えで2年で卒業する道を選んだわけです。
そして、四大への編入を完全に諦めたわけですが、就活を思いっきり出遅れることとなります。

 

当時の就職活動というのは今に比べるとことのほかのんびりしていました。
私が就職活動を開始したのが、短大2年生の10月くらいでした。
時は既にバブルが弾けていましたが、まだバブルの残り香が残っていたので、求人自体はそれなりにあったわけです。

 

そこで求人のあったかの中古車販売会社に応募して面接を受けたのですが、アッサリと内定するに至ります。
本来であれば、他の企業にも応募するところをこの会社に決めて就職活動を終えてしまったわけです。

 

この会社に内定をもらって、翌週から学業がない週3日程度インターンというか、アルバイトとしてこの会社で働くこととなります。
これはいきなり翌年4月1日に入社する前に仕事に慣れてもらうという、会社からの申し出に答えたわけです。
時間は朝8:00~17:00の8時間となります。
このアルバイトの期間中にやったことは来る日も来る日も洗車や室内清掃、ワックスがけを延々やらされました。
そして、時折納車や車の引き下げなんかで車の運転をすることとなります。

 

この時点で、「この会社はちょっとブラックっぽい」とは感じていました。
ところが、もはや大半の企業は応募を終えていたこともあって、この会社に入るしかないと思いこんでいました。
そして、短大を卒業して、この中古車販売会社に就職をするわけです。

 

中古車販売会社で上司のパワハラで身も心もボロボロ

翌春にこの会社に就職をして、私を含めて3人の新入社員がこの会社に入社をしました。
そして、3つあった営業課に私ともうひとりの女子社員が配属となりました。
私の上司となったのが私の2歳年上のOというリーダーでした。

 

Oは当時22歳でしたが、見た目が恰幅が良くて40前後に見える人間でした。
そんなこともあって、Oよりも二回りくらい年上のお客さんにも堂々と営業をしていました。
しかも、月に中古車を20台~30台くらい売りまくっていて、社長や役員からも絶大な信頼をされていました。

 

このOの素性は元ヤンみたいで、とにかく言動がキツかったです。
アルバイト時代からOより事あるごとに注意をされましたが、とにかく口が悪かったですね。
Oから何か注意をされると精神ダメージを食らうので、毎日戦々恐々とすることとなります。

 

そして、この会社での営業の勤務時間というのは、朝8:00から夜20:00が定時で、時には夜23:00くらいまで残されることもありました。
1日の仕事はやっぱり、車の洗車と室内清掃、ワックス掛けが大半で、その合間にお客さんがやってきたら接客をするという仕事内容でした。

 

また、中古車販売会社というのは、車を見にくるお客というのも一般人から不良みたいな人種もやってくるわけです。
当時は車が好きでこの会社に入ったので、「車の知識があるから接客もいけるだろ」と思っていたものの、お客さんと何を話していいかわからないこともよくありました。
そこで、お客さんの後ろを金魚のフンのようについて回るような接客も度々していました。
その光景は当然Oが見ているわけで、お客さんが帰ったらそのことで激しく怒られていました。

 

Oというリーダーはセールスマンとしてはとても優秀かもしれないですが、上司としてはどうしょうもない人物でした。
当時の社長も役員もOという人物の営業成績だけでその課のリーダーにしていたわけです。
接客が悪かったら怒られて、車が売れても至らなかった部分を怒られて、何をやっても怒られるというダブルバインドのような状態でした。
このOからは叱るではなく、できないことを感情に任せて怒るという今で言うパワハラ上司だったわけです。

 

とにかく上司として不器用だった男

ある日、Oと二人で話をしていて乗っている車の話になりました。

「俺はこれまで、クラウンとセドリックを乗り継いで今の車(ディアマンテ)を乗っている」
「あぁ、僕も3台車を乗り継いでいますね」
「オマエの乗ってきた車は全部ボロだろうが!」
「とにかく、車をたくさん売れば、好きな車に乗れるぞ」

といったマウンティングのようなやり取りをしたことがあります。

 

そして、私の次にどんな車に乗りたいかの話となりました。
私は当時はランドクルーザーやパジェロ、ビッグホーンといったオフロード四駆が欲しかったのでそれを伝えました。

「オマエ、そんな車に乗ってお客さんのところに商談に行くのか?」
と、意味不明なことを言われました。
私はヤンキーが乗るような車は良くて、何故オフロード四駆がダメとか意味がわかりませんでした。

 

おそらくOは私にやる気を出させるためにこのような話題を振ったのだと思います。
とはいえ、私の予想外の返答によってこのような流れになったのだと思います。

 

Oも当時は22歳だったので若かったからリーダーという器ではなかったのです。
また、会社側も営業成績だけを見てOをリーダーにしたというのも、組織としての在り方を見誤ったというわけです。

 

学生時代の主体性のなさが超絶ブラック企業を引き寄せた

この中古車販売会社では、入社から3ヶ月で退職するに至ります。
当時は長時間労働と月4日~5日という少ない休みで、その少ない休みも商談や納車で休みが潰れることがありました。
そして、Oはまったく仕事を休まない男だったので、ほぼ毎日Oと会社で顔を合わせることなります。
そのたびにOからのパワハラを受けるかもしれないという恐怖があったわけです。

 

今だからわかることですが、悲しいかな中小企業というのは新入社員の教育の仕方を知りません。
いきなり実戦投入させて、習うより慣れろという乱暴なやり方で新入社員を教育します。

 

社長も役員も管理職も「車を売って利益を出す」ということに目を向けて、営業の在り方というところに目を向けません。
だから、売れない営業には恫喝や叱責などでケツを叩くしか能がありません。
そうして、多くの社員が身も心もボロボロにされて辞めていくのです。

 

この3ヶ月と短い期間で私が今まで生きてきて、ワースト1のツライ時期だったと思います。
これも私がまわりに流されるまま主題性のない学生生活を送ったことに原因があります。

 

まず、高校1年の頃は高校卒業をの進路は何も考えていませんでした。
進学も就職も何も考えていなかったので、もちろん勉強はしていませんでした。
私は商業科に通っていたこともあって、「何となく就職をするのかな?」くらいに思っていました。

 

高校2年生の秋くらいから推薦で大学に行こうと思い立ちます。
で、高校1年から2年にかけての内申点はお世辞にも良くなかったため、地元の短大に行って併設する四大に編入する方針で進学したわけです。
ところが、四大の編入は短大に入学早々に諦めることとなります。

 

それは、短大に入って何故か入りたくもない柔道部に入ったからです。
私は高校生の時に柔道部だったので、短大に入学してすぐに柔道部に勧誘されてしまい、うっかり入部してしまったのです。
柔道部の練習がイヤでイヤでかといって柔道部を辞めることもできなかったのです。
四大の編入をくだらない理由で諦めたのは本当にバカげてしまいます。

 

そして、短大の就職活動も本当にいい加減にやってしまった結果、超絶ブラック企業に就職をしてしまいます。
たった3ヶ月の短い間でしたがあの頃は毎日朝が来るのが怖かったのです。

 

当時は本当にイヤな思いをしましたが、さすがに25年ほど前の話なので今更Oからのパワハラも会社にも恨みはありません。
とはいえ、Oからのパワハラは「俺はダメな人間」という風に極度にセルフイメージを下げられました。
私自身も若かったから未熟な点はあったかもしれないですが、あのようなことはあってはならないことなのです。

 

やはり、パワハラを日常的に行う人物というのは精神がおかしい病人なのです。
運悪くそのような人物に取り憑かれた場合は一刻も早く逃げ出すのが最良の判断なのです。

投稿者プロフィール

冥王の帝国管理人
私は独りネットビジネスで自活する40代の男です。
当初は努力や根性でたくさんのサイトや記事を書けば成功すると信じていました。
ただ、この考え方を改めて、マインドセットを独りネットビジネスに書き換えを実施中です。

管理人のプロフィールを見る







-サラリーマンの洗脳を解く

Copyright© 冥王の帝国 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.